Human Architecture

社会人ROプレイヤーのただの心象風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ここからブラギの花道(考察第4回)


どうも、なんというか突然仕事が暇になるかも知れない今日この頃です。不況恐るべし。
まあそれでも次の戦場に送り込まれそうなのは世の常です。

さて2ヶ月以上放置していた考察を〆たいと思います。鳥冠名無し3考察最終回です。
情報が陳腐化しつつありますが、気にせずに書いてしまいましょう。

最後は困ったケースや悩みどころについて個人的な考えをば。

○そのときどうする?どうなる?
色々と問題な場面に出会うこともあります。いまだに最適解が出ていないのが正直なところです。

1)QMに浸かっちまった!
これは非常に厳しいです。MSの詠唱も伸びる上に恐らく鳥の近くにいるであろう後衛、支援の詠唱速度まで落ちるのが非常に痛いです。
これに関しては現状以下の方策をとっています。
 ・QM範囲外にブラギがはみ出ている場合は後衛にそこまで移動してもらう。
 ・ブラギがQMに浸かりきっている場合は一旦ブラギをキャンセルし、
  QM範囲外の安全なところに出て再度演奏を展開する。
上記の1個目は事前に後衛(特にWIZ)と打ち合わせしておいた方がいいでしょう。2個目はWIZも安全な場所に誘導することも出来ますが、追加MOBを釣り込まないようにするのが注意点です。集中力向上も切れてしまうのでQMは本当に厄介です。

2)ゴホ、横湧きかよ!
演奏を展開しているときに真横にMOBが湧くのはよくあることです。前が既にMOBを抱えている場合はその場を動かず支援を信用してSWを待つのがいいかと。
問題は前がタゲを取りに来てくれた時の動きです。
その場を動かなくてもタゲが移っている場合はいいのですが、そうでない場合は多少なりとも移動しなければなりません。
本来擦る動きは前衛とクロスが望ましいのですが、タゲ取りに戻ってきた前衛の後ろに抜けてしまうと、ブラギに乗せるべき後衛から遠くなってしまうデメリットがあります。さらに前衛が背中にタゲを抱えたままこちらも取りにきた場合は少々厄介です。前衛が止まってからこちらも動かないと、前衛とタゲの交換をした挙句に支援も届かない、ブラギに後衛も乗せられない最悪の事態を招きます。
かといって後方に逃げた場合は、鳥よりもMHP的に脆いWIZがいるため、彼らを危険に晒すことになります。わが身可愛さで殲滅の要であるWIZを轢いてしまうのは愚の骨頂です。
この場合は基本棒立ちでタゲをとってもらい、タゲが移ったのを確認してから後方撤退が今のところ最良のような気もします。前さえ止まっててくれればコンパクトに動いて前に擦るのが一番のような気もしますが。
要は20秒以内に後衛と合流できればいいわけで、別に演奏が一旦切れてしまうのはかまわないと思います。

3)陣形、進軍が広がりすぎだぜ!
展開した瞬間に全員をブラギに乗せることが理想なのですが、立ち位置がWIZと支援等で離れていたりすると、どちらか片方しか乗せられず、もう片方には乗りにきてもらう必要があります。これはブラギを乗せたいメンバーを優先するしかないでしょう。名無し3なら迷わず主火力であるWIZを優先すべきです。非戦闘時は支援のかけなおし、教授(いれば、ですが)のSP供給をブラギに乗せてあげましょう。
慣れている人はブラギに乗りにきてくれるのですが・・・。
乗ってくれないからといって歩きブラギでPTを蹂躙するのは絶対にやめましょう。


4)出し続けるか、一旦切るか、それが問題だ。
ブラギ永遠の課題としてあるのが、戦闘中にブラギを出し続けるのか、即キャンセルした方がいいのか、という問題です。

20秒ルールをPTメンが全員把握し、自分のブラギ時間を管理しているなら話は別なのですが、ブラギを必要としている人達は大抵それ以外のお仕事(殲滅、支援、殲滅補助等)で手一杯であり、自己のブラギ時間管理までは出来ないと考えた方がいいでしょう。つまり各人のブラギ有効時間の管理は鳥の仕事になるわけです。

ブラギキャンセルに関するメリットデメリット

・戦闘終了まで出し続けている場合
 これが現在は一般的なんですかねえ、メリットとしては後衛がちょこまかブラギに乗ったり降りたりをしなければ基本的にはブラギの20秒ルールを気にせずにいられることが大きなメリットです。
また、20秒以内に戦闘が終了しない場合は再度展開しなおしが必要な即キャンセルブラギよりSPに優しい・・・と思いきやブラギ展開中はSPが回復しないどころかじわじわ減っていくため大して変わらないかも知れません。むしろ即キャンセルしてスクワットした方がいいかと。
 ただやっぱり一番のメリットは「ブラギ不発」ということのリスクを最小限に留めることだと思います。
 ブラギ展開の回数が増えるということはオブジェクト制限オーバーによるブラギ不発のリスクも増える、ということです。(オブジェクトの詳細については各テンプレサイトを参照してください)特に名無し3はSG、ブラギ、S4U、ME、SW等のオブジェクト使用スキルが多用される狩場であることを認識しておきましょう。
 きっちり20秒管理をしているつもりが不発によるブラギ切れという事態を招きやすいのもまた事実です。
 さらに不発によるSP浪費もまた考えないといけません。PT内に踊や教授がいる場合、この問題は軽減されるわけですが、踊等を含めない最小構成での狩りにおいてどこまでSP管理ができるのか、が焦点になってきます。
 ブラギ演奏によるSP消費は85。アンコールにより半分でも43消費されます。もしこれを3回くらい出しなおすと平気で120↑のSP消費になる計算です。スクワットやエギラ装備でなんとかなる問題なのか・・・。少なくともゴールデンタイムではかなり厳しいSP管理を要求されることになります。ブラギ!(不発)→キャンセルブラギ!(不発)→キャンセルブラギ!(オブジェクトが7,8個しか出てない)→キャンセルブラギ!(ようやく全部展開)なんてよくあることです。


・即キャンセルの場合
 これは、20秒ルールの管理が鳥主導で行いやすい、の1点に尽きると思います。さらに前節で挙げた歩きブラギを防げるのも大きなメリットです。
 また、ブラギの再展開までの間に鳥(冠)に行動選択の余地が20秒間発生するのもメリットだと思います。ブラギの基本を守り、ブラギ以外に何が出来るか?を考え実践していくことが他のブラギ鳥(冠)との差になるんじゃないでしょうか。ただ前項で述べたブラギ不発とか、他PTとすれ違ったときに管理時間が狂うことがあることは念頭に置いておくべきと考えます。よっぽど慣れていないと難しいのではないでしょうか。


付記:
結局は対症療法的になるのかも知れません。考慮すべきは以下の点
・鯖の重さ、時間帯
・PTメンバーに踊、教授が含まれているか
・主火力の殲滅力、補助火力の有無
毎回同じ職構成、同じ火力、同じ時間帯、同じ鯖、であればひとつの正解は出てくると思いますが、臨時においてはたとえ自分が募集主であっても同じものである条件はひとつとしてないのだと思います。要は臨時は常にぶっつけ本番なのです。
毎回同じ手法が100%適用できるというのは理想論であり、実現は不可能でしょう。
最大共通項である最低限のルールは踏まえつつPTに合わせて最適化していくのが現実的だと思います。特に知識レベル、経験、暗黙のルールは人それぞれだということは常に念頭に置いておきましょう。対応は柔軟に。

付記2:
上記で問題解決のひとつにSP回復剤を持っていく、という方法もあります。
ただ、生き残り重視のためなるべく回復剤はHP回復>状態異常回復>SP回復になるパターンが多いのが現実です。WSP等の使用、軽量な装備へのシフトでも問題は緩和されますが、貧乏人には辛いところです。
前衛より消費量は遥かに少ないとはいえ、矢、レジポ以外の消費はなるべく抑えたいところですし、装備も鳥専用に1セットそろえ直すのはしんどいと思います。倉庫もあふれてますし。
緊急時用にレモンは十数個持って行っていますが、なるべくMS1共闘+スクワットで消費を抑えるのがいいのかと。出血のときぐらいですかね、使うのは。


まあこんなとこでしょうか。考察に関してはまた何かのネタが貯まったら書こうと思っています。(いつのことやら)

それではーノシ



スポンサーサイト
RO考察 | コメント:3 | トラックバック:0 |

ここからブラギの花道(考察第3回)

またまた間が空きました、こんばんは。
世間では12月に突入し、バテレンカーニバルイベントムード満点です。仕事場は相変わらずです。

仕事に疲れて帰ってきてINしようとしたらメンテ。GvSE以降まあお約束とも言える展開に苦笑です。

さて考察第3回です。今回は名無し3での共闘について。

○MS共闘
演奏したまま使える唯一の遠距離攻撃スキルであるMS。自分は1だけ取得し、主に共闘に使用しています。1なら消費SPも1ですので、SPに優しいのも嬉しいところです。

ただ、ここで問題点がひとつ。射程や重力座標によって、MSがギリギリ届かない場合演奏したまま歩いてしまうことがあります。
世間では歩きブラギに対する風当たりは非常に強く、1歩歩いただけでダメ鳥扱いされてしまう世知辛い世の中のため、これは是非防ぐ手段を見つけたいところです。

現状考えつく案は以下の通り
1)演奏を即キャンセルしてMS共闘に入る
演奏しながらMS入れるから歩いてしまうんであって、なら演奏してない状態でMSうてばいいじゃーん、てな発想です。ただしこれには以下のデメリットがあります。
 ・20秒ルール上でのブラギ管理時間をほぼ完璧に近い形で把握しなければ
  ならない。
 ・ブラギに乗れなかったPTメンを乗せる、あるいは20秒経過後に再度
  ブラギを展開しなければならない。
 ・持ち替えが発生するため、共闘へのタイムラグが大きくなる。

2)MOBあるいはMOBを抱えている前衛の至近距離でブラギを展開する。
そもそも射程ギリギリだからいけないんであって、すぐ近くなら歩く心配もないよね、てな感じです。ただこれもヤバイ点がありまして、
 ・ブラギに乗ったままの後衛を危険に晒す。
 ・自分も危険に晒す。
怖いのが強力な範囲攻撃をもらったときです。せっかく前衛がタゲをとってるのに意味がなくなるのも辛いところ。
後衛にしても常時ブラギに乗っているのではなく、ブラギが切れていたら乗って、それ以外は安全域まで退避するといった高度な状況判断が必要です。また後衛も20秒ルールを理解し、自分にブラギが効いているか管理しなければならないため、敷居が高いのもまた事実。

3)共闘を入れない
歩きブラギを防ぐには、演奏展開中に余計なところをクリックする要素を完全に排除するのが一番の方策です。つまり棒立ち。もう歩かないぜ!ですが・・・。
 ・PTメンの理解が必要
 ・経験値効率は当然落ちる
そもそも名無しレベルではMOB一体の経験値が多いため、共闘を入れないのは非常にもったいない話です。PTメンの理解を得られないと、サボっていると受け取られる行為です。遠距離攻撃という特性を活かしてSG氷割りをすれば(主に対バンシーの)殲滅もアップするため、それを放棄するというのはどうしても抵抗があります。

4)ギリギリの射程を体で覚え、射程外のMOBには共闘を入れない
これは2)を改良したものです。Pスキルと重力座標の把握が重要になりますが、一番いい解決法ではあります。ただし、重力座標が厄介なので目視を過信できないのが辛いところです。

G狩で名無しいったときにいくつか試してみましたが、どうも以下のときにMOBに釣られて歩いてしまっているような気がします。
・射程ギリギリのネクロにMSを打ち込むとき。
 →対象MOBが大きいため、射程を読み違えるor射程の起算点がMOBの真ん中
  扱いで実質ギリギリに思えても足りていない?
・射程ギリギリのスローターにMSを打ち込むとき。
 →SG、ME、サンク等のノックバックで射程外にいってしまった瞬間に打ち込んでいる?

やはり4)を目指して鍛錬あるのみですかね。


○AS共闘
弓持ち替えでどうせブラギ切るなら弓スキルで共闘を入れてしまえ、というのと範囲で当たるため、複数のMOBに対して一度で共闘を入れられるといったメリットもあります。
重なっているMOBに対しても共闘は入れやすいです。スロータが重なっている時は特に有効です。
ただし、これにもデメリットがありました。
 ・MSほどSPにやさしくない。
 ・ASによるスロータのノックバックが発生する。

演奏の常時展開をあまり必要としない踊であればAS共闘は有効だと思います。だがしかし、常時に近い形で演奏展開を要求される鳥にとっては少々辛いかも知れません。
転生前でブレス込みINT70でも厳しいものがありました。冠ではまだ試していません。
またスロータをSGの範囲外に追い出さないように注意が必要です。せっかく共闘入れてもネクロが先に落ちたら元も子も(ry

→鳥時代にAS共闘実験してみました。MSと違い、スローターが重なっている場合でも
 一度で共闘を入れられるのは大きなメリットです。ただし、SG弾幕で敵が
 見難いため、あたっているのかいないのか分からず連射してるといつの間にかSPが・・・。
 エフェクト切るなりスクワットを混ぜるなりもう1ステップ必要な気がします。
 90台高INT向けかも知れませんね。

○和音共闘
名無しではやめましょう。棚7など他の狩場では有効な場面はありますが・・・。

○Arv共闘
えーと・・・Arvは共闘というより殲滅(あるいは殲滅補助)手段として用いるべきで共闘には適しません。SP消費が30と燃費が悪いため乱射は禁物。87冠(INTブレス込み80)で5人構成時にバンシー殲滅補助で運用しましたが、SPキツイキツイ。
緊急時(WIZが転がったり鯖落ちですぐに復帰できない場合)以外にはネクロに撃つこともありません。
ただWIZを齧っているバンシーなどをとどめを刺してスマートに処理できたり、殲滅終了して移動しようとしたときに横湧きしたバンシーやスカルを即仕留めたりすると株はアップです。
ただし、横湧きの場合は引っ張った方がいい場合もあるので、そのあたりは状況判断が必要です。
Arvはモーションの9発中7発目まで強制でキャンセルも出来ないので進軍を遅らせる原因にもなるからです。
いずれにせよ現在は要所だけでの運用をすべきとの結論です。SP回復剤モリモリ食べるのもね・・・。カボチャパイの登場で重量面はクリアできますが、SP回復剤はいざというときのブラギのためにとっておきたいところです。


共闘についてはこんなところです。
次回は名無し最終回として困ったケースや悩みどころについて補足です。ノシ

RO考察 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ここからブラギの花道(考察第2回)


どうも、こんばんは。最近メッキリ寒くなってきましたね。
職場で風邪が流行るとスケジュールが崩壊してしまうので、風邪の恐怖におびえている今日この頃です。ゴフンゲフン。

■考察のこと。

鳥冠考察第2回です。今回は基礎知識を少々。
雷鳥Wikiとかのホウが詳しいこと載ってますので、ここでは簡単に済ませます。

○ブラギの範囲

意外に把握してない人が多いブラギの範囲です。

     |   |
≡≡≡≡≡≡魔―
≡≡≡≡≡≡≡ 
≡≡≡≡≡≡≡ 
≡≡≡鳥≡≡≡―
≡≡≡≡≡≡≡
≡≡≡≡≡≡≡
≡≡≡≡≡≡≡

鳥を中心に7×7なので、鳥から数えて縦横4枡以内に納まっていれば(鳥と対象との間の枡が2枡以内)ブラギに乗っている状態。
つまり乗ってるかどうかはコッソリ間のセルを数えると分かるわけです。

○ブラギの効果
ブラギの大きな効果は詠唱時間の短縮とスキルディレイの短縮です。
これも意外に知らない人が多いのですが、詠唱開始時にブラギに乗っていれば(20秒ルールの効果が残っていれば)詠唱短縮、詠唱終了時にブラギに乗っていれば(これも20秒ルールの効果が残っていれば)スキルディレイの短縮になります。

消費SPはレベル10で85(スキルレベル×5+35)
余談ですがMSは1なら消費SP1
DSの消費SP12
ASの消費SP15
集中力向上10の消費SP70です。

ちなみにブラギと楽器の練習は計算式上両方とも10いってないとゴミです。

○ブラギキャンセル
演奏中に楽器以外に持ち変えることによる演奏キャンセルです。バグとの噂もありますが一向に修正される気配も無く。まあ鳥冠の基本ですね。
基本SG段幕やPTによってはME、S4U等も展開されるため、演奏したままの歩きブラギは厳禁です。ただでさえブラギは発生オブジェクトが多いので自分のみならずPTメンに迷惑をかける結果になります。歩くごとにオブジェクトの置き換えが発生するので重くなるんですね。
まあブラギを演奏しながら歩けるってのも仕様なんですが、どうもCPUだかなんだかの相性の問題で鳥冠*以外*のクライアントが重くなるとのこと。これはPCの新旧に関係ないみたいです。
面倒でも一旦切って移動の後また展開。これは鳥冠のエチケットです。

鳥時代は弓キャンセルを使用していました。冠であればArvがあるため、短剣キャンセルでOKです。盾も外れることが無いので鳥でも短剣キャンセルは有効なのですが、DSによる殲滅が必要なシーン(残った単体MOB等のトドメ刺しのみ)がたまにあるため弓だった、という感じですね。


次回は共闘についてです。ノシ

RO考察 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ここからブラギの花道(考察)

どうも、大分間が空いてしまいました。こんばんは。
最近はリアル事情でGvの人数も少なく、戦果もぱっとしません。まあ砦獲得だけではなくGvを楽しむ派としては別にいいんですけどね。

■鳥冠考察のこと
特にネタも無いので以前書きかけていた考察ネタを書いていきたいと思います。

最近は転生も熟してきていて中々70~80台の臨時も少なく世知辛い日々です。(接続時間が思いっきり深夜なのが主原因ですが)まあ、とりあえず名無し3臨時での自分なりの動き方等も通して世の鳥冠の方々(特にこれから始める人)の一助になれば、と。

○鳥時代のステ&名無し3装備
Base98 Job50 D>V>I鳥(補正はJOB、装備込み)
MHP 
MSP 
STR 1+2
AGI 9+9
VIT 72+3
INT 57+7
DEX 99+28(集中力向上使用時は+42)
LUK 1+4

上記ににブレスIAの分の補正がかかります。

装備
頭上段:+7エリュダイトキャップ
頭中段:望遠鏡
頭下段:ギャングスカーフ
右手:バイオリン(未精錬、c無し) ⇔ +7DBd角弓と持ち替え
左手:+7バックラーフロームヘル
体:+7イビルロングコート
外套:+7イミュンマフラー
靴:+7グリーンブーツ
アクセ:ニングロ×2、テレクリ、(場合によってハイドクリ)

消耗品(大体)
銀矢、銀矢筒3、白ポ30、万能薬3、風レジポ8、レモン10、ハエ10、イグ葉2、蝶1

装備に関しては、マンドリンにして重量の余裕を少しでも増やしたいところですが結局バイオリンのまま転生(;゚д゚)Arvを使うわけではないので、楽器は何でもいいですしね。
鎧も出来ればタイツかフォーマルにして軽量化を図りたかったんですが、資金不足のため叶わず。実は冠になった今でもロンコ愛用だったりします。

持ち替え用装備は弓を選択。PTによってはDSによるバンシー殲滅および、ASによる共闘が必要になるケースもありますので。
冠でArvを運用する場合は重量も考慮してナイフとの持ち替えです。ただ、頻繁にArvを撃つことは無いですね。(あくまで主殲滅はSG)ちなみに現在は+8TBdリュートを使用しています。対中型楽器と対大型楽器さえあれば冠は生きて行けるさ!(;゚д゚)

回復在はWSPをもって行きたいとこですが、貧乏人なので・・・。
でも白を使い切るケースは3回に1回くらいです。なるべく立ち回りでカヴァー。

レジポは20分有効なため、2時間狩を想定して6本+転がったときのために予備2本です。
頻繁に転がるケースは稀なのですが、1回につき1、2回くらいは転がる覚悟をしています。でも大体支援さんの青石、前衛さんの回復剤が1時間半でなくなりますので8本で足りなくなったことはありません。死んでも効果残るって噂もありましたがまだ未確認です。

蝶は決壊で飛んだときの帰還用。イグは使用ミスの可能性を考慮して2枚。
万能薬は沈黙対策兼混乱対策。あまり使用頻度は高くありませんが、沈黙より混乱による行軍遅延やMOB引き込みが怖いので、緑ポよりは万能薬がお勧めです。


○移動時の陣形
自分の名無し3での進軍位置をば。他の狩場でも似たような感じでやってます。


1)進軍中
               
               
               ←支  
   ←前     ←鳥     ←魔
               ←支  
               
               
前にやや遅れて2番手で進軍。その後にブラギを必要とするメンバーが続くようにする。


2)遭遇
         ブラギ!
       ≡≡≡≡≡≡≡
       ≡≡≡≡≡≡≡
       ≡≡≡≡≡≡≡ ←支  
   敵前 ≡≡≡鳥≡≡≡   ←魔
       ≡≡≡≡≡≡≡ ←支  
       ≡≡≡≡≡≡≡
       ≡≡≡≡≡≡≡
前が敵と遭遇したら間合いを見てブラギ。この際はMSの射程(10升)に全部の敵が入る間合いギリギリが望ましいです。(ブラギを展開したままMS共闘を入れるため)
実際にはスローターのノックバック考慮や本当の直線距離で図るのが難しいため、10-3=7升ぐらいになるかと思います。
近すぎるとTSの餌食になるので注意。風レジポ効いていれば1発ぐらいで沈むことはありませんが、致命的な傷で支援さんの負担はただでさえ多いので、ここでさらに負担を増やすのは考え物です。

3)殲滅開始
       ≡≡≡≡≡≡≡
       ≡≡≡≡≡≡≡
       支≡≡≡≡≡≡
   敵前 ≡≡≡鳥≡魔≡
       ≡≡支≡≡≡≡
       ≡≡≡≡≡≡≡
       ≡≡≡≡≡≡≡
後衛職による殲滅開始、および支援展開。後衛、支援は急には止まれない(止まらない)ため、自然にブラギを踏んで殲滅開始できます。


ブラギの展開=殲滅開始要求の合図になるため、後衛との意思疎通が図れればスムーズに狩れます。
ただ後衛が前衛の方まで見えないので、単なる殲滅用ブラギなのか、予約ブラギなのかが後衛には判別しづらいのが難点と言えば難点です。

また、基本的に前はMOBの脅威に常に晒されていると考えるため、殲滅優先順位は進軍先>>進軍後になります。後衛が横湧き等を拾ってしまった場合は出来る限り振り切るか死なないようにトレインしてもらう必要があります。
前を見殺しにするような状況だけは避けたいところです。(前衛がガンダム並に固い場合は、後方殲滅優先の場合もあります。 あくまで前衛がネクロ5セットくらい抱えられる硬さがある前提ですが。要打ち合わせ。)

基本線はこんなとこですかね。次回はブラギの基本についてです。アディオース。


RO考察 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。